JAPAN DENTAL MEDICAL

日本歯科学院専門学校・日本医療学院専門学校

検索したいワードを入力してください。

  1. ホーム
  2. 学科紹介
  3. 臨床検査技師学科
  4. メッセージ

[学科紹介]

臨床検査技師学科MEDICAL TECHNOLOGIST

  1. 学科TOP
  2. 臨床検査技師とは
  3. 授業・実習風景
  4. カリキュラム・時間割
  5. 進路・就職
  6. メッセージ

メッセージ

臨床検査技師学科 教務主任

西野 康幸Nishino Yasuyuki

即戦力と人間力を備えた
志の高い臨床検査技師を目指す
あなたへ。
臨床検査技師を目指すには、大学と専門学校という2つの選択肢がありますが、一番の大きな違いは、臨地実習にあります。大学に比べてその時間数を多く設けることで、就職後の現場で役立つ「即戦力」を身につけます。また、知識や技術だけではなく、「学ぶ姿勢を持つ心温かい臨床検査技師を育てる」という本学科の教育方針に基づき、言葉遣いや身だしなみといった社会人基礎力を養成し、データとただ向き合うのではなく、人の気持ちを思いやり、人のために役立ちたいという志を持った人材の育成を目標としています。

在学生メッセージ臨床検査技師学科 1年

木嶋 紗那さんKijima Sana
奈良県立奈良情報商業高等学校 出身

在学生メッセージ
在学生メッセージ
専門知識だけではなく、
医療人として大切なことも
自然と身につきます。
医療系のドラマがきっかけでこの業界に興味を持ちました。ちょうど進路を考えていた頃、臨床検査技師という職業を知り、オープンキャンパスの実習体験に何度か参加するうちに「もっと知りたい!」という気持ちが膨らみ入学を決意しました。入学して感じたのは、この学校は勉強面の指導だけではなく、挨拶や礼儀、人を思いやる気持ちなど「医療人として大切なこと」も学校生活の中で自然と身につけることができるということ。実際にアルバイト先で役に立った経験もあり、自分自身の人間的な成長も感じています。
手厚いサポートを力に、
仲間たちと励まし合いながら、
全員合格を目指しています。
1年生から国家試験の過去問題に取り組むことができ、分からない点は理解できるまで先生方がしっかりサポートしてくれます。一人ひとりの苦手分野もちゃんと把握してくれていて、なんでも相談できる環境があるなど、国家試験対策が充実している点は、伝統校としての強みだと思います。覚えることも多く大変な面もありますが、「国家試験全員合格!」を合言葉にクラスみんなで切磋琢磨しながら勉強に励んでいます。臨床検査技師は人と関わる職業なので、たくさんの人と積極的に交流し、将来に向けてコミュニケーションスキルも身につけたいです。

在学生メッセージ臨床検査技師学科 1年

矢野 将吾さんYano Syogo
立命館大学卒(愛媛県立西条高等学校 出身)

在学生メッセージ
在学生メッセージ
親身に相談に乗ってもらえたおかげで、入学前の不安な気持ちもなくなりました。
大学卒業後、健康診断に関わる企業で働いていましたが、その現場で活躍されている臨床検査技師の姿を見て、「自分も患者さんの病気の早期発見に役立つ仕事がしたい!」と思うようになり、入学を希望しました。自分のような入学生が他にいるのか、勉強に対するブランクや卒業後の就職の不安もありましたが、入学前に色々と相談できる機会があり、その不安も次第に薄れていきました。少人数制のクラスには同じような既卒の人も在籍しており、今では様々なキャリアや年齢のクラスメイトからたくさんの刺激をもらっています。
「3年間で資格取得を目指せる」 社会人から挑戦する自分にとって、この環境は大きな魅力でした。
講義前に毎朝30分間、国家試験対策として小テストが行われるのですが、この毎日の積み重ねで着々と知識の定着を図れることが、大学よりも短期間で国家資格取得を目指せる理由のひとつだと感じています。また、授業でわからないことがあったときは、友達同士で教え合い、同じ目標に向かってクラス全員が一つになって高め合う雰囲気があります。そんな私たちの一番近くにはいつも先生がいてくれて、勉強のこと、就職のことなど、何でも相談できる関係性はとても心強く、勉強に集中できるこの環境は、私にとって大きな支えになっています。

卒業生メッセージ東北大学病院生理検査センター生理検査部門長

三木 俊さんMiki Takashi
歯臨床検査技師学科 1993年卒業

卒業生メッセージ
卒業生メッセージ
日本医療での学びは、変わらない基本であり、私にとっての手本です。
学生の頃に体験した心臓エコー実習がきっかけで、僧帽弁や大動脈弁の動きに興味を持ち、超音波検査にも関心が向くようになりました。その経験がもととなり、卒業から25年以上が経った今も、超音波に関わる仕事に携わっています。近頃は講演会での講師や、医療機関と協力して製品開発にも関わるなど、つくづく臨床検査技師は資格・技術を習得することで末永く幅広い活躍ができる職業だと実感しています。学生時代はあまり勉強が得意な方ではありませんでしたが、先生方は誰一人見放すことなく、それぞれに合わせた勉強法で私たちを引っ張ってくださいました。現在は自分自身が人を育てる側の立場になりましたが、挨拶や身だしなみといった細かな点まで行き届いた教えは今も、指導する上での私の手本になっています。昨今、医療業界は目まぐるしく進化をし続けています。その変化に柔軟に対応できる人材の育成を目標に、今後も充実した研究・臨床の組織づくりに尽力していきたいと思います。

卒業生メッセージ大阪府済生会中津病院

森原 優女さんMorihara Yume
臨床検査技師学科 2018年卒業

卒業生メッセージ
卒業生メッセージ
学生の想いに応える親身な指導。
そのすべてが、本番での力に
なりました。
高校生の時、母親を癌で亡くした経験から「患者さんの病気の早期発見に役立つ仕事に就きたい」と考え、医療の道へ進むことを決めました。現在は、病理検査の部署で検査業務を担当しています。手術で取り出された臓器の癌の進行など、診断する上で必要となる標本を作製しています。今こうして目指す仕事に就けたのも、在学中の先生方の支えがあったからこそ。特に就職活動中は、履歴書の書き方や面接時における立ち振る舞いを1対1で細かく指導してもらい、安心できるまで繰り返し練習に付き合っていただきました。その結果、本番でも自分の気持ちをしっかりと伝えることができ「ごまかした返事でなく、素直に伝えてくれた姿勢が良かった。」と評価の言葉もいただきました。就職して1年が経ちますが、まだまだ毎日学ぶことばかり。1日でも早く、共に働く先輩や医師の先生から安心して仕事を任せてもらえるように成長したいです。

日本歯科学院専門学校/
日本医療学院専門学校を
もっと詳しく
知りたい方はこちら

  • 資料請求はこちら
  • OPEN CAMPUS 2019
  1. 学科TOP
  2. 臨床検査技師とは
  3. 授業・実習風景
  4. カリキュラム・時間割
  5. 進路・就職
  6. メッセージ