歯科技工士学科
現在のページ:日本歯科学院専門学校・日本医療学院専門学校 >  歯科技工士学科 >  メッセージ

メッセージ

  • 活躍する卒業生の声
  • 在校生の声

活躍する卒業生の声

患者様の生活の質(QOL)を向上させることができる 歯科技工士は最高の仕事。
藤本 光治さん

藤本 光治さん
〈1985年卒業〉

卒業後の経歴
卒業後、歯科技工所勤務その後大阪セラミックトレーニングセンターへ進学。
後、医療法人 健志会 ミナミ歯科クリニックにて勤務。技工所を開設する。現在は、医療法人 健志会 ミナミ歯科クリニック勤務、新大阪歯科技工士専門学校専攻科非常勤講師、大阪SJCD理事を三足の草鞋で活躍中。
現在の業務内容
インプラント上部構造、審美修復全般(セラミックス)、咬合再構成(フルマウスリコントトラクション)
学生時代の想い出
クラスのみんなで行った国内研修や海外研修です。
入学当初は何もかもが全く思い通りならず、講義でもとにかく専門用語を覚えるのが大変でしたが、そのたびに先生方に助けてもらいました。


歯科技工士をしていてよかったと思う時
自分が作った歯が患者様の口の中で、全く他の天然歯と変わらない仕上がりだった時です。そして、何よりも患者様が満足した笑顔をされたとき、歯科医師の先生にも喜んでいただけたとき、何にもかえがたい生きがいを感じます。

後輩へメッセージ

現在、歯科治療を受けられる方は、ただ歯が痛いからというだけではありません。
『長い間まともに食事ができない。』『見た目が気になって笑えない。』など様々な大きな悩みをお持ちです。歯科技工士は、歯科医師とパートナーを組みそんな患者様の生活の質(QOL)を向上させることができる最高の仕事です。最後に私の座右の銘ですが、「努力は人を裏切らない」まさしく歯科技工士はそういう仕事です。

努力が結果につながる仕事! それが「歯科技工士」。
卒業後の経歴
学校斡旋を受けた株式会社日研にて現在も勤務。
現在は株式会社日研の常務取締役を務めています。
現在の業務内容
入れ歯の製作、管理
学生時代の想い出
海外研修が一番印象に残ってます。社会人としての常識や礼儀・言葉遣いを専門知識以外に教えてもらいました。部下が多数いる現在、学校で学んだことの重要性は再認識しています。そして、学校で学んだ技術、人格形成は今も私の中で活かされています。

大塚 慎介さん

大塚 慎介さん
〈1991年卒業〉


歯科技工士をしていてよかったと思う時
『一隅を照らす』いつも私が胸に持っている言葉です。まさしく歯科技工士がそんな仕事なんです。努力した結果、良質の入れ歯を作ることができ、患者様に感謝の言葉をいただけときに歯科技工士をしていてよかったと本当に思います。そして、その気持ちを今は後輩に教えるべく指導にもあたっています。

後輩へメッセージ

高齢化社会を迎えて歯を失った人は沢山います。歯科技工士はそんな方々の役に立てる素晴らしい仕事なのです。そしてなによりも自分が努力することが目に見え成果が分かる仕事でもあります。私はこれからも歯科技工士という仕事に誇りを持ち、社会貢献していきたいと考えています。

海外で夢だった「セラミスト」という職業。 すべては海外研修に参加したことがきっかけです。
藤本 光治さん

カナダ master dental lab
山崎 多恵子さん
〈2000年卒業〉

現在、カナダにあるデンタルラボで働いています。
海外で仕事がしたいと思ったのは、日本歯科学院専門学校の海外研修に参加したことがきっかけでした。最初は歯科技工士としてスタート、現在は夢だった「セラミスト」として、さまざまな国の人と一緒に楽しく働いています。
壁にぶつかってしまうこともありますが、前向きに進めるよう、やりたいこと、目標にしていることを日々思い出して、常にモチベーションをあげながら行動しています。日本歯科学院専門学校は、毎日ワクワクしながら勉強に取り組める学校です。
尊敬できる人を見つけて、充実した学生生活を送ってくださいね。


学んだ事や身につけた技術は一生の宝。 モノ作りの楽しさを直接感じてください。
主に自費補てつ物の製作などを扱う歯科技工所で取締役として働いています。すべてにおいて最上級の、安心でより良い補てつ物を製作できるように、歯科医師の先生と充分なコミュニケーションをとりながら努めています。
この仕事は、モノ作りの楽しさがあり、患者さんの喜びを直接感じられるやりがいのある仕事です。歯科技工士を目指す皆さん、日本歯科学院専門学校では、社会人になるにあたっての心構え、何よりも人間性をしっかりと育む環境があります。学んだことや身につけた技術は一生の宝です。ぜひ自分の人生を築き上げるために、勉強も遊びも全力で頑張ってください。

上原 芳樹さん

有限会社ファイン
取締役
上原 芳樹さん
〈1995年卒業〉


 「真面目が一番!」 いろんなことに興味を持って勉強しよう!
米田 尚治さん

和田精密歯研株式会社
米田 尚治さん
〈1991年卒業〉

現在スーパーテクニシャンとして、ポーセレン(さし歯)の業務に携わっています。歯科技工士という仕事は、人の役に立てることを実感できる仕事です。そのような環境で働けることに日々感謝しています。
日本歯科学院専門学校では、学科を越えて楽しめた文化祭や海外研修などが思い出です。また挨拶や身だしなみなど厳しく指導していただいたことなど、すべての経験が役立っています。学校はもちろん、就職してからも無駄なことはひとつもありません。
歯科技工士の仕事は生涯勉強です。勉強しなければならないことは山ほどあります。歯科技工士の仕事も日々進歩を続けている途上なので、いろんなことに興味を持って勉強していきましょう。


在校生の声

地元愛の強い2人が偶然集まりました。
藤本 光治さん

小豆澤さん
渡部さん

日本歯科学院専門学校へ入学したきっかけ
小豆澤
島根県にも技工士学校があり自宅から通える距離でしたが、県外に出てみたいという興味から西日本全域の歯科技工士専門学校のパンフレットを取り寄せました。その中から主にパンフレットの印象や教育方針に共感した3校に絞りました。学費の違いが大きかった為、そこから2校に絞り見学会に参加しました。見学会の手伝いに来ていた生徒と先生との関係性が良く印象的でしたので日本歯科学院専門学校への入学を決めました。
渡部
島根県内の技工士学校は市内ではない為、自宅から少し距離がありました。もともと都会に出たいという気持ちがあり、私の中では都会イコール大阪でした。日本歯科学院専門学校を知ったのはホームページで調べた事がきっかけで学費、就職率、学生寮などが決め手でした。


実際に寮での生活を経験してみて
小豆澤
最初は生活の事を全て自分でやっていく事に大きな負担を感じ、地元の学校にしておけばと後悔したこともありました。今では一人暮らしに慣れ、生活費をやりくりしていくことなどがとても良い経験になっています。寮内では一緒に勉強している人もいますが、私は一人で勉強する方が性に合っているタイプです。ただ聞きたいことなどがあればクラスメイトもいるので助かっています。
渡部
一人で生活していく事は、想像以上に大変ですが、すぐに慣れますし、親のありがたみを感じることができます。この辺りは高校や大学などが多く、学生の町です。寮からは駅も近く、買い物が出来るスーパーもいくつかあるので便利です。
今後の展望
小豆澤
患者さんにありがとうと言ってもらうことを望むというよりは、見えないところで活躍している歯科技工士に魅力を感じています。表に出なくとも、陰で人々の生活を支えているということにやりがいを感じていきたいです。
渡部
元々デザイン関係の方面を志望していました。歯を矯正していた経験から歯科技工士を知りましたが、今では歯をデザインすることの楽しさを味わっています。今後は歯科技工士の資格を活用しながら、デザインの勉強もしていきたいと考えています。

これから一人暮らしを考えている人達へ

入学当初は勉強、実習、生活と不安要素ばかりでしたが、周りの皆も同じ気持ちのはずなので、すぐに仲良くなれます。他学科の学生ともつながりも出来ます。人と話すのが苦手な人や共同生活を避けたい人がいれば、逆に学生寮に入って色んな事を経験し、新しい発見をしてほしいと思います。地元を離れる事で今まで気づかなかった地元の良い所に気付く事も出来ました。

小学生時代の同級生3人が今、同じ目標に向かって頑張っています。
日本歯科学院専門学校へ入学したきっかけ
山田
中学時代、父の勧めで放射線技師を目指してました。そのためパソコンを学ぶことのできる学校への進学を考えていたのですが、希望する高校への受験に失敗しました。再び今度は高校での進路決定時に大学と専門学校(医療系)の選択に迫られました。図書室にあった学校紹介の本に掲載されていた事がきっかけで日本歯科学院専門学校を知りました。物作りに興味を持ったのもその時期で、見学会に参加し実習を体験してみて歯科技工士を志す事を決めました。
御喜田
もともとは大学進学を希望していました。しかし特になりたい職業も定まっていない状態で大学を目指すのはどうかという親の意見もあり、手に職をと専門学校を探してみました。人の役に立つ医療系の方面に行きつき、友人(写真の山田君)が先に参加していた日本歯科学院専門学校の見学会に自分も参加した事がきっかけとなりました。
佐藤
奈良には歯科技工士の専門学校がなく、奈良から通いやすい点、良心的な学費にまず魅かれました。決め手となったのは見学会に参加してみて、教員全員と接する事で親しみやすい先生方の人柄や、分かりやすい実習体験の説明など入学後の学習環境がイメージ出来た事です。

大塚 慎介さん

山田さん
御喜田さん
佐藤さん


入学してみて感じる事
山田
人見知りの激しい性格ですが、少人数制でアットホームな雰囲気なので友人も沢山できました、授業は
ついていく事で精いっぱいですが、その反面毎日が充実しています。
御喜田
物作りの仕事を目指そうとしているにもかかわらず、自分がもともと不器用な事はわかっており不安でいっぱいでした。実際、入学当初は他のクラスメイトとの差を感じました。しかし程なくして反復練習を繰り返す事で器用、不器用は関係なくやっていけると感じました。
佐藤
見学会に何度も参加し、イメージ出来たおかげで専門学校での生活にもスムーズに入っていけました。勉強、実習は難しいですが、頑張っています。
将来の夢
山田:独立開業する。
御喜田:健康保険外を扱う一流のセラミストを目指している。
佐藤:どの様な患者の要望にも応える事のできる一人前の歯科技工士になる。

これから歯科技工士を目指す人達へ

歯科技工士の資格を取ることが最終目標ではなく、患者さんを満足させる一級品の歯科技工物を作れるかどうかだと思います。それができるかどうかは自分のやる気次第ですし、夢をかなえるまでぶれない気持ちが大切だと思います


ページの先頭に戻る