入試情報
現在のページ:日本歯科学院専門学校・日本医療学院専門学校 >  学生支援制度 >  施設・設備紹介

施設・設備紹介

医療現場のニーズに合わせた教育環境で、専門性の高い授業を実現。
日々、発展を続ける医療技術。医科や歯科の設備機器も飛躍的な進歩を遂げています。
本校ではできる限り現場と同じ環境で学べるよう、実習室のほか、最先端のコンピュータを導入するなど、
充実した設備を備えています。

学生と先生、学科を越えた学生同士の交流の場にも

エントランス
エントランス
日本歯科学院専門学校・日本医療学院専門学校の共有スペースです。正面の受付であらゆる事務手続きができます。また、奥には教務室があるため、質問に来る学生も多く、いつも和やかな雰囲気です。

図書・標本室
図書・標本室
専門図書・専門誌がそろっているため、分からないことも、ここで調べれば解決できます。また、先生への質問や他学科の学生との情報交換の場としても利用されています。


  • 視聴覚室
    視聴覚室
    ビデオやスライドなどを使って授業を行います。目で見て、耳で聞くことにより、自然と理解が深まります。
  • コンピュータ室
    コンピュータ室
    一人に一台のコンピュータを用意し、個々のレベルに応じたペースで、医療実務に必須の技能を確実に身につけます。
  • 講堂
    講堂
    入学式、卒業式のほか講演会や文化祭などの行事に多目的ホールとして用いられます。

歯科医師に”支持される”最新設備が整っています

歯科技工基礎実習室
歯科技工基礎実習室
歯の形態や、金属冠・入れ歯・矯正装置など歯科技工士として患者さんにあった歯科技工物を製作するための基礎技術を学び、習得を目指すための歯科技工実習室です。

歯科技工実習室
歯科技工実習室
学生一人1台モニターを設置した技工台を使用。先生の手元を確認しながらより高度な技術を体得できる環境にしています。


鋳造研磨室
鋳造研磨室
高融点の金属を溶かす装置や、入れ歯や金属の研磨に用いる装置を設置しています。また蝋で作られた入れ歯の部分を合成樹脂に置き換える機械器具も設置し作業を行います。

ポーセレン室
ポーセレン室
セラミックやプラスチックで差し歯を製作するための技術を習得するための専門の部屋です。各種メーカーのポーセレンファーネスを設置し就職後もスムーズに対応できるように備えています。


実際の歯科診療台など現場に即応した設備が充実

基礎実習室
基礎実習室
顎模型を使って、歯石の除去や薬液の塗布などのプロフェッショナルケアをひとつずつ着実にマスター。たしかな処置を施すためにも、基本的な技能の習得は必須です。

歯科技工実習室
相互実習室
実際の歯科予防処置・歯科診療補助や歯科保健指導の実習を、歯科診療台を使って学生同士の相互実習を行っています。


最新の設備と機器で、最先端の技術を習得

第一実習室
第一実習室
さまざまな成分検査などを行い、その結果を分析して、科学的根拠に基づいた診断を導いていきます。

第二実習室
第二実習室
微生物の観察や血液に含まれる細胞を観察。自分の目で正常な細胞と異常なものの違いを確認します。


生理検査実習室
生理検査実習室
心電計や脳波計、超音波診断装置を使い、その操作方法はもちろん、患者さんとの接し方も学びます。



ページの先頭に戻る