臨床検査技師学科
現在のページ:日本歯科学院専門学校・日本医療学院専門学校 >  臨床検査技師学科 >  メッセージ

メッセージ

  • 活躍する卒業生の声
  • 在校生の声
  • 社会人入学生の声

活躍する卒業生の声

患者様の「ありがとう」という一言にやりがいを 感じています。
江口 光徳さん

江口 光徳さん
〈1991年卒業〉

卒業後の経歴
卒業後、医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院 検査科に入職、現在に至る。
現在の業務内容
検体検査部門業務を中心に、病理・細胞診業務も行う。また生理検査、細菌検査を含めた検査科すべての管理業務も行う。さらに院外の活動(技師会の研修会等の企画運営、細胞学会の活動等)も行う。
学生時代の想い出
みんなで協力して実習したこと。空中浮遊細菌を調べる実習のとき、培地の近くでくしゃみをしてしまい次の日すごい数のコロニーが生えていて口の中は菌だらけだと実感したことです。


臨床検査技師をしていてよかったと思う時
患者様に「ありがとう」と言われたときは、うれしく思います。また細胞診をしていて医師も予測していなかった早期癌などを見つけたときは早期発見、早期治療に貢献できたことをうれしく思い、医師からも感謝の言葉がいただけたりすることもあり、やりがいを感じます。

後輩へメッセージ

日本医療学院専門学校は挨拶、整理整頓、掃除など厳しく指導されると思います。私も学生時代は厳しいと思うこともありましたが、現在採用する側に立つと大学で単位を取得しただけの人よりも、日本医療学院専門学校で厳しく教育されてきた人が欲しい人材と考えます。きっちりと教育を受け、協調性を身につけ、国家試験に合格して医療現場に出て欲しいと思います。

大変な時もありましたが、 先生方と仲間と助け合って乗り切れました。
卒業後の経歴
卒業後、大阪回生病院に入職、現在は宝塚市民病院にて勤務
現在の業務内容
採血業務、検体検査業務全般(尿検査、血液検査、生化学検査、輸血など)、当直業務
学生時代の想い出

定期試験勉強が大変でした。しかし試験終了後みんなで遊ぶことを楽しみに頑張れました。

国家試験勉強も辛かったけれど皆で団結して勉強したことは今でも忘れられない思い出です。

三國 深雪さん

三國 深雪さん

〈2004年卒業〉


臨床検査技師をしていてよかったと思う時
採血業務にて患者さんと接しているときや患者さんに「痛くなかったわ」と笑顔で喜ばれたときやりがいを感じます。

後輩へメッセージ

大変なこともありましたが、卒業した時に「この学校に入学してよかった」と思いました。他の学校にはない、この学校ならではの魅力をぜひ感じてください。そして将来、思いやりのある臨床検査技師になってください。

活躍のフィールドは様々。高い専門性と医療人としての大切な幅広い知識を学びました。
三木 俊さん

東北大学病院生理検査センター
診療技術部生理検査部門長
東北大学医学部保健学科
臨地准教授
三木 俊さん
〈1993年卒業〉

在学時代に心臓エコー検査を見て、超音波検査にとても魅力を感じ、医療人として20年ほど、心臓血管の超音波検査や血管造影補助業務などの生理検査業務に携わっていました。現在はラボの立ちあげや大学の実習、講義に専念して、教育・研究・講演・学会・執筆活動などに力を注いでいます。
日本医療学院専門学校には、「飴と鞭の教育」のように厳しさと楽しさを持った熱心な先生が多く、また医療人として大切なことをたくさん教えていただきました。在学中は厳しく感じることもありましたが、自身が教える立場になると、医療に従事する上で必要なことだったと実感しています。先生方の丁寧で情熱あふれる指導のもと、仲間と励まし合って夢を実現させましょう。


臨床検査技師を目指し、勉強に励んだ学生時代。追求すればするほどやりがいがあり、探求心のある人にはおすすめの職業です。
臨床検査技師の活躍の場は多岐にわたります。私たち臨床検査技師にはそれぞれが極める専門分野があり、責任をもって任されます。なかでも私は血液検査室に所属しており、血液をサラサラにする薬の効果や、体の中に血栓ができていないかを調べる凝固線溶検査を担当しています。検査結果をただ伝えるだけでなく、他の検査方法を医師に勧めることもあります。患者さんにとってより良い検査を行えるよう、医師と協力して新たな検査方法の研究にも取り組んでいます。私達が医師に情報提供することで患者さんの治療や診断の役に立った時、検査の専門家として力を発揮できたと感じ、やりがいにも繋がっています。ぜひ高い意識を持ち続けられる臨床検査技師を目指してください。

光黒 真菜さん

国立循環器病研究センター
臨床検査部
光黒 真菜さん
〈2007年卒業〉


在校生の声

笠原大知くん 熊野高校出身
稲豊堅政くん 神島高校出身
福田智治くん 笠田高校出身
吉田功輝くん 笠田高校出身
(和歌山県立)
笠原:
なんとなく医療系に進みたいと思っていたなか、高校で指定校推薦があることを知り、夏休みを利用して見学会に参加しました。国家資格だけでなく、社会人・医療人として成長できるという確信で受験を決定しました。
稲豊:
毎日の予習復習や授業のポイント理解は1年間の授業計画である「シラバス」があるので便利です。姉が歯科衛生士学科に在籍していて安心して入学できました。
福田:
挨拶をはじめ社会人としてのマナーが自然と身に付き、早くも社会人としての意識が芽生えてきました。朝早い登校時間も慣れてきました。
吉田:
毎日の早朝小テストや単元試験により毎日の勉強習慣が自然と身についてきたように感じます。難しい講義も丁寧に、楽しく教えてくださるので毎日が充実しています。


坂本舞香さん 清水高校出身
(高知県立)
森岡佑梨さん 松山工業高校出身
上野莉奈さん 新居浜東高校出身
菊池美帆さん  八幡浜高校出身
(愛媛県立)

菊池:
祖父の病気がきっかけで臨床検査技師を知りました。命を助けるというやりがいを感じたことと、新たな生命誕生にも携われるのも魅力です。私の夢は胚培養士になることです。
上野:
実習体験会には3回参加しました。毎回笑顔で迎えてもらい、実習体験も毎回違う内容で楽しく職業理解ができました。大学と迷ったけれど、学費の安さと学生寮が決め手になりました。寮では友人もでき、わからないことは先輩にも聞けて安心です。
盛岡:
同じ夢を持つ、良い仲間に出会えたことがよかったです。勉強や一人暮らしは大変だけれど、勉強できる環境と仲間のおかけで毎日頑張っています。
坂本:
1年生から国家試験対策に取り組め、安心できます。テストは多いけれど、勉強の習慣が身に付いてきました。


社会人入学生の声

宮前 康佑さん

嵩西はるかさん
沖縄県立那覇国際高校出身

私は大学卒業後、健康診断を行う医療機関で事務職として働いていました。その中で、人々の健康維持や病気の早期発見・予防に直接携わりたいと思い、臨床検査技師を目指し専門学校への進学を決意しました。そして職場の同僚の出身者がいたことがきっかけで、本校を知りました。その後オープンキャンパスへ参加し、学校の教育方針や特色を直接感じることで、マイペースな私が勉強に打ち込める環境は、ここしかないと思い、本校へ入学しました。実際に入学してみると、毎朝の小テストや単元ごとに実施される試験に追われ、想像していた以上に勉強は大変です。しかし、学べることに感謝と楽しみを感じています。また、頼れる先生方や幅広い年齢の友達と出逢い、厳しい中でも日々充実した学校生活を送っています。



ページの先頭に戻る