歯科衛生士学科
現在のページ:日本歯科学院専門学校・日本医療学院専門学校 >  歯科衛生士学科

温かさと技術を兼ね備えた人材を育成。

歯科衛生士の仕事は、歯科予防処置や歯科診療補助、歯科保健指導など多岐にわたり、
歯科医療に不可欠なスペシャリストです。空前の長寿社会を迎え、活躍のフィールドは
在宅医療や老人医療へと広がりを見せ、ますます重要な役割を担っています。

学びの特徴
  • 治療から予防へ。幅広い分野に
    対応できる人材を育成。

    近年、歯科医療では治療に至る前の段階、つまり予防歯科へのニーズが高まっています。幅広い分野に対応できるよう、基礎から専門知識、実習との各ステップにより、段階的に理解を深めていきます。
  • 繊細な心配りと優しさを持った
    魅力ある歯科衛生士に。

    歯科医療の仕事は人対人。患者さんに対して優しい心遣いができる、魅力ある人材が求められています。授業では社会人として必要な一般常識やマナーを学び、豊かな人間性を育てます。
  • 歯科衛生士という仕事を通して
    社会に貢献する。

    授業だけではわからない現場の高度な技術を体験するため、病院実習を実施。多くの学生がやりがいを実感し、就職への意欲を高めています。

実践力に磨きをかけ、学ぶ目的や将来の夢に向けて意欲をさらに高めれる指導行っております。

段階的学習ができるカリキュラムを組んでいます。経験豊富な講師陣によりわかりやすく学べます。


毎年、希望者全員が就業。
歯科医療の第一線で活躍しています。

知識・技術だけでなく、社会に貢献できる信念を持った歯科衛生士を育てたい。



ページの先頭に戻る