歯科技工士学科
現在のページ:日本歯科学院専門学校・日本医療学院専門学校 >  歯科技工士学科

心地よい義歯づくりのプロをめざす。

歯は全身の健康に影響すると言われ、歯ならび、かみ合わせは特に重要視されています。
「もっと心地よい義歯を」そんな患者さんの切実な声に耳を傾け、卓越した技術でサポートするのが、
義歯づくりのプロである歯科技工士です。

学びの特徴
  • 快適な生活を支えるための技術と
    人格に磨きをかける。

    人間の歯は一度欠損すると人工物でしか修復することができません。その修復物(義歯)を製作するのが歯科技工士です。患者さん本来の歯と違和感がないように製作するには、高度な技術が必要です。
  • 一人ひとりの個性を伸ばす
    少人数制の指導。

    歯科医療のトップブランドとして名高いドイツ・カボ社製の歯科技工台を各自一台ずつ割り当てて、少人数制のきめ細かな指導を行います。
  • 技と心のバランスにすぐれた
    歯科技工士を育成。

    歯科技工士に求められるのは、専門的な知識と技術だけではありません。患者さんの想いを感じ取る心と、それを形にできる専門技術です。そのために、学生のレベルに応じ、習熟度に合わせて個別指導を行います。

一人ひとりのレベルに応じて常勤教員マンツーマン方式で段階にあった指導を行っています。

段階的学習ができるカリキュラムを組んでいます。経験豊富な講師陣によりわかりやすく学べます。


担任、就職専門のカウンセラーが一人ひとりの適性を最大限に活かし、希望の進路への道を開く。

実習では技術だけでなく、人との関わり方・コミュニーケーションを重視し、思いやる心を磨きます。



ページの先頭に戻る